和商コーポレーションの餃子の特徴・販売方法

「和商コーポレーション」の餃子の特徴、販売方法、イベントなどへの出店の様子をご紹介します。

和商コーポレーションの餃子の特徴

和商コーポレーション餃子

和商コーポレーションイチオシ定番商品の餃子は、厳選された国産の具材のみを使用、機械に頼らず手包みにこだわった本格派です。人の手で握り込まれていることで、皮と具の間の空気が抜けて、しっとりなめらかな食感に仕上げられています。手間はかかってしまいますが、美味しいものを世の中に広めて貢献をしたいという企業理念があるからこそ、手作りにこだわりを持っているのです。今の時代では多くの業者が機械によって作っていることも多いだけに、和商コーポレーションの手作り餃子の美味しさというのはひときわ際立つものとなっています。

そして脂っこさがなく、野菜とにんにくがたっぷりの50グラムの餃子です。一般のものと比較をすると倍近い大きさとなっており、食べごたえも十分なものとなっているのです。非常にジューシーながら、食べやすさがあるということでも評判です。さらに味が凝縮されていて、非常に美味しく、肉や野菜のうまみを感じたいという方の間には、こちらの餃子は定評があります。さらに、宇都宮餃子と言うことで、その宇都宮餃子のブランドイメージのようなものもあるといえるでしょう。また、栃木産の風味豊かなニラがたっぷりと入ったニラ餃子も販売されているます。にんにくが好きな人、ニラが好きな人も楽しむことができるのも特徴です。

素材にこだわり、作り方にこだわり、ボリュームも満点、価格もリーズナブルとくれば、人気になることは不思議ではなく、今では和商コーポレーションの餃子は定番商品であり、看板商品ともなっているのです。

一方「餃子の王将」は昔からの知名度があり、さらにジューシー感やそのボリューム、そしてその値段などを考えても、王将の餃子は、極めて優れているといえます。宇都宮餃子を普段から食べているという方の場合には、「餃子の王将」は脂っこという意見もあります。また、普段から餃子を食べ慣れているという方にとっては味が少々ぼんやりしているという風に思う方も多いようです。

和商コーポレーションの餃子のレビュー

「ネット通販も魅力の「和商の餃子」!」

デパートで宇都宮餃子の店頭販売を見たことがある人もいるかもしれません。もしかしたらそれは、和商コーポレーションの餃子かもしれません。
和商コーポレーションで作られている宇都宮名物の美味しい餃子は、機械ではなく餡を皮で包んでいます。「だから美味しい」と実際に食べてみて納得です。

また「和商の餃子」は公式サイトで1ケース(30個入り)で3000円(送料込、消費税別)で購入できます。私も次回からはネットでリピート購入しようかなと思います。
また商店街やスーパーなどに、和商コーポレーションに店頭販売で来てもらうこともできるようです。
何かのイベントがある時に、餃子やからあげ、焼き鳥の屋台があったら楽しいですよね。今度、所属する商店街の会長に話をしてみようかなと思っています。

和商コーポレーションの会社概要

和商コーポレーションは食に関する様々な事業を行っているのですが、その中でも特に重要度の高いものとして餃子の販売があります。和商コーポレーションは栃木県の宇都宮市に本社を構えているということもあり、宇都宮名物の餃子には特に力を入れています。

会社名 株式会社和商コーポレーション
本社所在地 〒321-0107 栃木県宇都宮市江曽島5丁目4番5号
URL http://washocorp.co.jp/
代表者 代表取締役 丸山修一
事業内容 食料品製造販売卸及テナント事業
設立 昭和34年(1959年)

和商コーポレーションの販売方法

和商コーポレーションの良いところは、美味しく安全なものを届けるということを第一にしているので、安心安全の美味しいものを手に入れることができるという点にあります。食材の管理から衛生管理まで徹底していて安全性の高いものを食べることができるのが魅力です。

人気商品を全国配送

和商コーポレーションは、人気商品を全国にも送り届ける事業を行っています。地域に貢献をする取り組みをしている和商コーポレーションですが、地元栃木の美味しいものを知ってもらうために全国に人気商品を配送しています。公式サイトから注文するこの可能です。

和商コーポレーションは栃木の宇都宮に本社を構えていることもあって主力商品が餃子となっているのですが、この餃子が宇都宮らしくクオリティの高いものであるため特に人気の高い商品となっています。宇都宮餃子を全国で食べたいという声に応えて、日本中ありとあらゆるところに送り届けています。

フランチャイズ契約店によるテナント販売

和商コーポレーションはフランチャイズ契約店を募集しており、説明会をして面接を行い、1日体験をした後研修をして合格をすれば、フランチャイズとしてお店を持つことが可能になります。フランチャイズになると大型ショッピングモールや大型スーパーに赴き、そこの一角を借りてギョーザやもちなどを販売します。このようにして商売を拡大させているのが和商コーポレーションの特徴です。

商品の購入をサイト上から行うこともできるので、イベントなどで出品するための商品を購入したい、飲食店などを経営している人は経営している店で提供するものを購入したいという時に役立ちます。フランチャイズ契約をすることができ、独立をしたいという人の手助けをしてもらえます。

普通免許とやる気さえあれば誰でもすぐにはじめることができ、売るコツも教えてもらえるのですぐに独り立ちをすることができ大きな稼ぎを手にすることも夢ではないので、独立を考えている人も利用する価値が高いのが魅力です。

イベントなどでの移動販売

和商コーポレーションは食卓に美味しい食材を届ける事業を行っている企業であるため、様々な場所で出店をしているのが特徴です。お祭りもそのひとつであり、縁日でも出店をして販売をしているのでお祭りの時期には美味しい餃子を楽しむことができます。

お祭りの出店というのはあくまでも和商コーポレーションの一事業にしか過ぎずに、テナントへの出店なども行っているので屋台でしか美味しいものを食べることができないということはないので、屋台で美味しいものを食べて気に入ったらテナントで販売している場所に行って購入をすることもできます。

また、餃子以外にも以下のような種類の出店を依頼できるため、町内会のイベントなどで場を盛り上げたいというときにも助けてくれるのが和商コーポレーションとなっています。各種類5万円からと低料金かつ高品質なので安心して利用をすることができるのが大きな魅力です。

  • 餃子
  • から揚げ
  • やきとり
  • 手羽先
  • お好み焼き
  • その他

<餅つき>

餅つきのイベントでは、要望にあわせて、あんこ餅、きなこ餅、おろし餅、トッピングの準備もお願いできるそうです。柔軟に要望に対応してくれるのは本当にありがたい事です。つきたて餅を味わった事があるでしょうか。杵と臼でついたつきたての柔らかいお餅はとても柔らかく本当においしくて格別です。

和商コーポレーションの餅つきは、大切な日本の文化「餅つき」を間近で体験できる貴重な機会となります。イベント企画が心配な場合は、このようなイベントに慣れている会社にお任せするのも、文化を絶やさない為の一つといえるでしょう。

<から揚げ>

タレ派も塩派も満足させることができる焼き鳥を提供してくれます。

費用は5万円で、用具も一式和商コーポレーションの方で揃えてもらうことができるため、予算に制約がある小さな町内会レベルのお祭りでも、気軽に利用することができます。和商コーポレーションはイベントへの出店にも慣れているため、準備、接客、衛生対策も安心安心してお任せできます。

移動販売での出店の様子

和商コーポレーションは様々な場所、イベントに出店しています。幾つかの例をご紹介します。

■「大井競馬場(2017年年末)」に出店↓
和商コーポレーション出展画像_大井競馬場に出店(2017年の年末)

■「東北自動車道大谷PA」に出店↓
和商コーポレーション出展画像「東北自動車道大谷PA」

■「埼玉県富士見市のお祭り(2018/8/28)」に出店↓
和商コーポレーション出展画像「埼玉県富士見市のお祭り(2018828)」

埼玉県富士見市で行われたお祭りの様子です。和商コーポレーションのお餅だけではなく、焼鳥、焼きそば、唐揚げ、もつ焼き、メロンパンなど、様々な方とコラボしての出店です。毎年、大賑わいのお祭りとなっています。

■「2019年 高円寺阿波おどり」に出店↓
和商コーポレーション出展画像「2019年 高円寺阿波おどり」①
和商コーポレーション出展画像「2019年 高円寺阿波おどり」②

高円寺阿波踊りは、1957年(昭和32年)より続く催しで、約10,000人の踊り手と約100万人の観客が集まる東京の夏を代表する東日本最大の阿波踊りです。今年も、和商コーポレーションはラーメンせい家さんの場所を借りて、宇都宮の餃子を販売していました。多くの来場者が和商の餃子を味わい、阿波踊りは大盛り上がりと、2019年も素敵な夏の締めくくりとなりました。

■「宇都宮餃子祭り」に出店↓
和商コーポレーション出展画像「宇都宮餃子祭り」①
毎年大盛況の宇都宮市で開催される「宇都宮餃子祭り(2019年11/2・3開催)」に、今年も和商コーポレーションが出店していました。

和商コーポレーション出展画像「宇都宮餃子祭り」③
今年も各地から沢山のお客様が来客して、大賑わいです。

和商コーポレーション出展画像「宇都宮餃子祭り」④
2日間天候にも恵まれ、行列が絶えません。

和商コーポレーション出展画像「宇都宮餃子祭り」⑤
いろいろなイベントがあり、2日間宇都宮市は大賑わいでした。

最近は宇都宮周辺だけではなく全国各地から餃子ファンが多く詰めかけており、今年も和商コーポレーションのブースには多くのお客様が来客して大賑わいでした。その他、食べ比べも出来たり、バスケットボールのステージもあったりと、非常に楽しいお祭りとなりました。

イベント参加者の口コミ

初めて移動販売を見かけた時は正直買う気はありませんでした。ですが、スタッフの方の流れるようなトークと無駄のない動きに、気づいたら財布を手に持っていたくらいです。次から次へと来るお客さんそれぞれと会話しながらも手を止める事無く商品をお勧めし続ける所には脱帽です。

素直に食べてみたいと思ってしまいました。もちろん買って満足のおいしさでした。それからはオレンジ色の暖簾を見かけたら迷わず購入するようになりました。

近くを通った時にはほとんど並んでいた人はいなくなっていて、こんなに早く商品を買えるのなら並べばよかったと自分に後悔です。接客業の経験があるのでスタッフの動きを観察していたのですが、本当にテキパキしていて慣れている感じがしました。

接客も好感がもてるもので、待っているお客さんも嫌な顔をしている人は一人もいません。スタッフの人柄なのか、研修が行きとどいているのか、本当にさばき方がスムーズで感心したのを覚えています。

まとめ:和商コーポレーションは、人々に喜ばれる宇都宮のこだわり餃子を提供

食というのは、人々のくらしの中心です。毎日の食卓に並ぶ、定番ながらも美味しいおかず、子どもたちやお年寄り、誰もが楽しみにしているイベントやお祭りを盛り上げる会社として、和商コーポレーションの仕事は、宇都宮になくてはならない企業の一つになっています。その躍進は、関東全域に広がりつつあり、まさしく、今後の活躍から目が離せないと言えます。