餃子が美味しい和商コーポーレーション。その取り組みについて

何度も食べたくなる手包み餃子で有名な和商コーポーレーション。その取り組みについて

有名チェーン「餃子の王将」と「和商コーポレーション」の餃子の比較

      2018/07/05

有名チェーン「餃子の王将」と「和商コーポレーション」の餃子は比較されがちであるといえるでしょう。どちらも餃子の専門店であるということもそうですが、さらに餃子の専門店として、大手の企業で有名であると言うことも共通していて、餃子と言えば…ということでイメージされるのも、こちらの二つの餃子であるといえるでしょう。

そこで、有名チェーン「餃子の王将」と「和商コーポレーション」の餃子ですがどのような点で違いがあり、どのような点が共通しているのでしょうか。

餃子の王将の餃子

まず、餃子の王将は、だれもが知るチェーン店であり、どこでも購入をすることが出来て、とてもお手軽な餃子であるといえるでしょう。お持ち帰りでも食べることが出来、店内でも食べることが出来ます。しかし、宇都宮餃子のように、お土産として購入すると言うことはありません。あくまでも定食メニューの一つであるといえます。昔からの知名度があり、さらにジューシー感やそのボリューム、そしてその値段などを考えても、王将の餃子は、極めて優れていて、みんなから愛される餃子であるといえます。

一方で餃子の王将は「脂っこい」という意見もあります。宇都宮餃子を普段から食べているという方の場合には、餃子の王将は脂っこくて、あまり好きではないという意見もあります。また、普段から餃子を食べ慣れているという方にとっては味が少々ぼんやりしているという風に思う方も多いようです。

和商コーポレーションの餃子

一方で、和商コーポレーションの餃子は、こういった油っぽさがなく、野菜とにんにくがたっぷりの50グラムの餃子と言うことで、非常にジューシーながら、食べやすさがあると言うことでも評判です。さらに味が凝縮されていて、非常に美味しく、肉や野菜のうまみを感じたいという方の間には、こちらの餃子は定評があります。さらに、宇都宮餃子と言うことで、その宇都宮餃子のブランドイメージのようなものもあるといえるでしょう。

まとめ

関西人にとっては、王将がブランドですが、宇都宮の方の関東圏の人には、そちらの宇都宮餃子の方がブランドイメージが強いといえるかもしれません。こういったことから、これらの餃子の王将と、和商コーポレーションの餃子は、比較されてしまいがちです。

しかしどちらの餃子も大変美味しく、そしてどちらもブランドであるため、その人の餃子に関する味の好みで分かれるといえるでしょう。関西人であるか、関東人であるかによっても、その餃子の好みは分かれてしまうといえます。

 - 未分類